子育て 日常

新米ママは大変。

今日こんなつぶやきをしました。

 

 

 

今日はこの時のことを書きたいと思います。

 

最近友達が数人ママになりました。

 

双子ママ1人

女の子ママ2人

みんな順調に育ったいるようで何よりです。

 

私はお祝いに行くと必ず言うことがあります。

「いつでも電話していいからね!」

 

 

これは、私が長女を産んで8ヶ月のころの出来事があって

友達に言うようにしているんです。

 

私は専業主婦で

旦那さんは当時(今もたびたび)夜勤があり

平日は泊まり込みで月曜日に出勤して帰宅するのは土曜日の朝

帰宅した時は夜勤明けなのでそのまま睡眠。

 

こんな生活をしていました。

その頃については色々書きたいことはありますが、

また今度。

 

 

当時の一番の悩みは「娘が寝てくれないこと」

お腹がいっぱいでも、トントンしても、なでなでしても、歌ってもダメ。

ひたすら抱っこして寝るまで耐えるのを毎晩一時間以上していました。

 

更に娘はとてもよく育ってくれたおかげで体重が重く

それも日々ツラくなる原因だったと思います。

 

 

私も一応保育園で仕事もしていたので0歳のお昼寝も経験していました。

なかなか寝ないのもわかっていたし、寝ないのはどうしようもない時もある。

わかっていてもそれが8ヶ月続くと本当に辛かったです。

 

実母に相談しても「その頃はそういうものでしょ」と

自分でもその通りだと思ったのでとにかく耐えるしかありませんでした。

 

 

でもある日、本当に耐えられなくなって

市の保健センターに電話しました。

色々相談する言葉を紙に書いて

睡眠以外のことを話してからさりげなく・・・と思いながら電話しました。

 

 

 

でも保健士さんに「どうしましたか?」と聞かれた私は

考えた言葉も言えず

「初めての娘で8ヶ月なんですけど・・・

いつになったら寝てくれるようになりますか?」と泣きながら聞いていました。

 

おかしな相談ですよね、

あの時の保健士さんには本当に申し訳ないです。

そんなん知らんよ。って言われて終わりな話ですよ。

その子によっても違うしいつになったらなんていえるわけない。

でも、その時の私はこれしか言えず、泣いていました。

 

 

私が急に泣き出したので保健士さんはとっても慌てていましたが

「そうだよね、寝てくれないよね・・」

「いつになったらはなかなか言ってあげられないんだけど・・・そうだね辛いよね」

「どうしたらいいかな~、お家では一人なの?旦那さんは?」

そんな感じで必死に私の話を聞いてくれたんです。

 

結果を言うとその保健士さんと私の電話で

赤ちゃんが早く寝てくれる具体的な方法は何もありませんでした

時を待つしかない。

成長したらだんだん寝られるようになる。

 

でも、電話の後の私はとってもスッキリしていて

それまでイライラしていた娘との入眠の時間が以前より

落ち着いて行うことができるようになったんです。

 

 

今思うと不思議ですが

悩みを解決してほしかったのではなく

聞いて、共感ほしかっただけ だったんですね。

 

 私がなんでここまで限界まで電話相談もしなかったかというと

市の保健センターって夜電話できないんですよね。

他の県や市だとあるところもあるのかな?

 

自殺防止とかの電話はあるし

救急相談の子ども用の電話もありますが

子育ての悩みを相談できる窓口は夜にやっているところが

少ないと思います。

 

 

昼間は昼間で色々やってたり

お昼寝してくれた時間で家事したり

昼間はわりと心にも余裕があって電話するほどでも・・・と思ってしまっていました。

 

でも夜は違います。

ツラくて電話もできず

生まれて数か月の赤ちゃんにあたるわけにもいかない。

そんな状況でどこにも相談できないのを辛いと感じるのは私だけではないと思います。

 

 

 

 

そんな時に電話できる場所があったら。

実際にはしなくても、していいよって言ってもらえてる場所が

あるだけでも全然気持ちが違うと思うんです。

 

私はさすがに全国からの相談は受けられないけど

私の知ってる友達くらいなら

何時に電話してくれても嫌ではありません。

出られない時ももちろんありますが

気兼ねなくいつでも話ができる人がいるよって伝えたくて

 

「いつでも電話していいからね!」を言うようにしています。

 

 

 大事なのは解決ではなくて共感です。

一緒に考えてくれる人

話を聞いてくれる人

そんな人がいるだけでとっても力になるんです!!

 

近くに新米ママがいる方はぜひ話をたくさん聞いてあげてください!

 

そして新米ママさんが一人でも多く子育てを楽しんでくれますように。

 

 

  • この記事を書いた人
アバター

もももらん

2人目妊娠をきっかけに
夜勤夫とせどりに挑戦!
せどり×ブログ×Twitterで
収入増を目指す!
店舗・電脳
中古ブランドせどり挑戦中!
Wordpress修行中
娘とお腹の息子の成長を
家で見守りたい
せどり×子育て
日々の学びを発信

-子育て, 日常

Translate »

Copyright© もももらんの夫婦で稼ぐ奮闘記 , 2020 All Rights Reserved.