子育て 日常

未来を生きるために!子どもにこそやり抜く力!親に出来る事を考える

もももらん
こちらの記事は下記の記事の続きになります。

まだ読まれていない方はこちらからどうぞ。

協調性を育む。人と関わる力・自分の気持ちを言えれば自己肯定感UP!

続きを見る

前回の記事についてツイートもいくつかしています。

前回の記事を読む時間がない方はこちらも参考にしてください♪

 

 

幸せ力を育むコツ

このコラムでお話しされている竹内エリコさんによると

「社会で生きていくの中で自ら幸せを見つける力」が必要になる。

その為に親が出来る事を具体的に4ステップに分けて考えるという内容でした。

幸せ力を育む4ステップ

  1. 感じる力
  2. 考える力
  3. 協調性(人と関わる力)
  4. やり抜く力

私もこれを参考に「私が思う幸せ・私が子どもに出来る事」を考えていきたいと思い、

前回のステップ③では「協調性(人と関わる力)」を育むについて考えました。

今回はステップ④「やり抜く力」をまとめていきます。

 

最後まであきらめない!やり抜く力はどう育つ?

 

竹内さんのコラムでは今までのステップ全てが積み重なっていくと意欲をもって行動できるようになる。

それが今回の「やり抜く力」に繋がるということです。

意欲を持つことでやりたい事を発見し、

やりたい事を解決するための方法を考え、

それを達成する為に人と関わる事で、

④のやり抜く力に結び付いていくのです。

 

もももらん
「やり抜く力」は本のタイトルにもなってるくらい生きていく為に必要な力!

子どもたちに最後まであきらめずに色々なことに挑戦してほしいというのは沢山の親が思うことですよね。

 

コラムの中で竹内さんがポイントに挙げている「やり抜く力」の育み方は『Yes and 法』です。

『Yes and 法』

子どものお願いは「いいよ。」と受け止め、条件を付ける。

子どもは「ママ・パパは味方!」と思い、条件をクリアしようと頑張るようになる。

 

「お菓子買って!」と言われたら・・・

〇「いいよ、でも、お買い物終わってからね」

✖「今は急いでるから、ダメ」

 

子どもの気持ちを受け止め、肯定し、味方であることを伝える

ここでは私が娘に親が味方だと伝える時に意識していることはまさにコレでした。

つまり、「子どもの気持ちに寄り添うこと」

これは学生のことろ本当に何度も色々な先生たちが講義で話していたので耳がタコにになるほど聞いた言葉です。

おそらく全ての保育士・幼稚園教諭が基本として持っていることがこの「子どもの気持ちに寄り添うこと」だと私は思います。

ここではお菓子を例にしていますが、そうなると毎回買い物のたびにお菓子を買わないといけないの?!と思う方もいると思うので

私なりの子どもの気持ちの受け止め方を紹介したいと思います。

 

もももらん
ママは味方だよ!○○ちゃんの味方だけど・・・毎回お菓子は買えない。ゴメン。

 

子どもの気持ちに寄り添うこと。事実より気持ちに共感する。

私が「子どもの気持ちに寄り添うこと」で一番に浮かんだ例はこちらです。

 

子どもたちってもう絶対痛くないはずのカサブタが痛いと痛くも無いのに訴える事ありますよね。

それを「痛いわけないでしょ!」とツッコミを入れてるママ友さんがいて、

言われた子どもは何度も「痛いの!」と訴えていました。

 

子どもたちは「今は痛くないけど、あの時は本当に痛かったんだよ!」というのを親や周囲の人に伝えてるんですね。

なので今痛いか痛くないかが重要なのではなく、

あの時痛かったことが重要なんですね。

その伝え方がまだまだ未熟な子どもたちは「痛いの!」と言ってしまう。

大人でも過去の傷ついた経験や嫌な思いをしたことを

親や友人に「今思うと仕方ないんだけどさ~」といいながらグチる事ってあると思います。

それと同じだと私は思います。

そうだとしたらこの時の子どもに「痛いわけないでしょ(事実)」は言っても無意味ですね。

「ずいぶん前だけど、転んでそこが痛かったんだよね。」と当時の子どもに共感してあげることでその子も落ち着くのです。

 

 

私のおすすめ!「お菓子買って!」の対処法

また、お菓子を買って!のように私も何度も娘にせがまれたことがあります。

そういう時の私なりの対処法もここに書いておこうと思います。

「お菓子買って!」とここまではっきり言われるとちょっと大変ですが、

多くのパパ・ママが「あー!このお菓子!」くらいの言葉で子どもは買ってほしいとねだってると思って

「買わないよ!」と念押しして「えーーー!欲しいーー!」と泣かれたことあるのではないでしょうか?

私は娘とこんな会話で切り抜けます。

子ども
あー!このお菓子!
もももらん
どれ?
子ども
アンパンマンのグミだよ!
もももらん
ホントだ!アンパンマンのグミだね!○○ちゃん好きなの?
子ども
うん!
もももらん
良く見つけたね~ママ気づかなかったよ~。どんな味が好きなの?
子ども
えーっとね、みかんとりんごと・・・
もももらん
そうなんだ~!今度パパにも教えてあげようね!

 

こんな会話をしながらどんどんお菓子売り場から離れます。

話を聞かずに「買わないよ!」と言われれば、話題が買うか・買わないかになります。

なんで好きなの?どこが好きなの?どんな種類があるの?どこで知ったの?

その子が大好きなものについて親が興味をもって話を聞く

大人からするとこんなんでごまかされないだろう・・・と思うかもしれませんが、

私は娘が1歳ころからこれでガシャポン・おもちゃ・お菓子を切り抜けています!

意外なことに子どもたちにとって「気持ちを肯定的に受け止める」に繋がって満足することが多いです。

 

だんだん知恵がついてくるとそうもいきませんが、

知恵がついてきたならお菓子やおもちゃについて買う時の約束を作って「今日は買えない」ということも伝えていい時期だとも思います。

この方法が毎回効果があるとも限りませんが、

ぜひ一度お試しください。

味方がいればやり抜ける!親に出来るのは味方になること!

今回の「やり抜く力」を付ける中で大切なことは「自分には味方がいる!」という自信を持つことだと思います。

何かに挑戦したり仲間と協力していく中で壁が立ちはだかった時に、

それでもやり続けよう!と思えるようになるには味方の存在が必要ですね。

いつも自分の気持ちを理解してくれる。

受け止めてくれる。

味方になってくれる。

一番身近で大好きなパパやママが味方なら子どもたちは色々なことに頑張れるんですね!

 

これは意外とそう思っていてもできない事もあって・・・

味方と言いつつも親が思ってもいないことをやりだす子どもたちに

大人は戸惑って「それはやめておいたら?」「こっちにしたら?」なんて言いがち。

 

子どもが大切だからこそ!

何かしてあげたいし、安全な道を示してあげたい。

その気持ちはとっても素敵ですが、

親が出来るのは「先手を打つ」より「備えて待つ」ことだと思いました。

成長するために頑張る子どもが最後までやり抜けるようにしっかり見つめて

挫けそうなとき、

困っているときに背中を押したり励ましたりすること!

 

その為には何よりも子どもの姿をしっかり見つめる!

与える事より、

見守る子育てが大切なのかもしれないですね!

 

「幸せ力」を育むための一番の見本は親!

全てのステップについて今までまとめてきましたが、

「子どもたちの幸せな人生」を送るために「幸せ力」を身につけることが大切ということでした。

最終的に子どもたちが幸せ力を持ち続けて人生を幸せに歩むためには「未来への希望」を感じなければなりません。

 

それについて竹内さんは最後にこんな風にまとめています。

わが子が楽しい人生を送るためには、親自身が幸せである事もとても大切です。

「親の背を見て子は育つ」ということわざは本当にその通りで、

親が楽しそうにしていると、

子どもは「人生って楽しいんだ」と思うようになります。

 

ママがワクワクしている様子を見ることは、

子どもが人生への期待感を育むことにもつながるからです。

 

親が人生を楽しんでいると子どもは「大好きなパパ・ママは何がそんなに楽しいんだろう?」と興味を持ちます。

逆に親が人生を楽しんでいなければ「なんか大人って辛そう・苦しそう・楽しくなさそう。」

当然こうなってしまいますね。

子どもたちの人生観は親の感覚に大きく影響されるということですね。

 

だからこそ最初のステップ「感じる力」は大切な1歩です。

パパやママと一緒に様々なことを感じて、

人生って楽しい!を沢山感じることで他の力がさらに活きていきます!

この土台が無ければどんなに「考える力」や「人と関わる力」があっても希望をもって進んでいけません。

そうすれば当然やり抜くこともできません。

 

まずは自分が人生を楽しめているかを見つめなおし、

今後さらに人生を子どもと一緒に楽しんでいくこと

これが最終的に子どもの為に繋がるんですね!

 

日々の積み重ねが「幸せ力」に繋がっている!

毎日の子育てはこれまでのステップがゲームのように順番に壁として立ちはだかってくるわけではありません。

子どもたちもお友達とはまだうまく関われないけど考えはしっかりしている子

お友達とはとっても仲良くできるけど考えるのは苦手な子

その子によって段階も様々。

そんな中に様々な力が必要な「壁」が立ちはだかってくるのです。

 

上手くいく日いかない日あると思いますが、出来る事をコツコツ。

忙しくて難しい日やイライラする日があっても大丈夫!

きっと子どもたちもいつかそんな日を経験するはず!

それでも頑張るんだ!という前向きな姿や、そういう日もあるよね!と切り替えてる姿を見せることはきっと子どもにもプラスになるはず!

そんな気持ちで、出来るだけ人生を楽しく過ごせばきっと自分も子どもも楽しい人生を送れると思います!

 

ステップ①~④をまとめて当たり前のような、どこにでもある事しか私には書けなかったかもしれませんが、

自分の子育てや人生観を見直すとってもいい機会になりました。

子育ては正解が無くて不安も多くてくじけそうになることも沢山ありますが、そんな私の気持ちとは関係なく毎日時間は流れて子どもたちは気持ちをぶつけてきます。

私にも数人友達がいますが、出産して数か月初めての子育てに戸惑い、ほとんどの子が一度は泣きながら電話してきましたし

私も泣きながら電話相談をした経験があります。

そんな風に頑張っているママやパパの心が少しでも軽くなって子育てを楽しめるといいなと今回の記事を書いていて思いました。

「子育てに悩む=真剣」だからです!それだけでもう素敵なパパ・ママなので自信をもって子育てしてくださいね♪

 

悩んだ時や話を聞いてほしい時は私でよければこちらにコメント・Twitterもやっているので気軽にお声がけください。

 

もももらん
子育てを頑張る全てのパパ・ママとそこで育つ子どもたちが今日も笑顔で過ごせますように♪
  • この記事を書いた人
アバター

もももらん

2人目妊娠をきっかけに
夜勤夫とせどりに挑戦!
せどり×ブログ×Twitterで
収入増を目指す!
店舗・電脳
中古ブランドせどり挑戦中!
Wordpress修行中
娘とお腹の息子の成長を
家で見守りたい
せどり×子育て
日々の学びを発信

-子育て, 日常

Translate »

Copyright© もももらんの夫婦で稼ぐ奮闘記 , 2020 All Rights Reserved.